前へ
次へ

せどりとは本買取から生まれた言葉

近年、インターネットによる副業の方法がいろいろ出てきて、安く買った品物を高く売るという方法で利益を上げる方法が数多く生まれてきています。
インターネットオークションが人気を博した時代を経て、今やスマートフォンアプリを使ってシンプルに売りたい品を出品し、欲しい人を探すフリマと呼ばれるスタイルが人気です。
街中で本買取をしているお店の仕組みは、いらない本を持ち込んだ人から安く買いとり、それを店頭で販売して利益を売ることにあり、フリマの仕組みとよく似ています。
実はこの本買取の方法は古本屋の時代から行われていたことで、せどりというネット上で安く買って高く売るという行為の言葉の発端は、背表紙を見て売れそうな本だと感じたものを安く仕入れ、利益が出る値段に設定して売っていた古本屋に基づく言葉です。
そう考えると、店舗を構えて行うせどりの基本とも言うべき存在の本買取店は安心して利用できる究極のせどりマーケティングを行っている本買取の専門店と言えます。

Page Top