前へ
次へ

営業系の求人に関する2種類の人材サービス

営業系の転職をするなら、まず求人を探さなければなりません。
その際、営業系の転職サービスが活用

more

営業系の仕事に必要なことは何か

営業系の仕事に就きたいと考えている場合、どういうことが必要となってくるのか知っておくべきでしょう。<

more

営業系に求められるのは高学歴ではなく売り上げアップ

国家資格があるわけでもなく有名大学を出ているわけでもなく、何か人より抜きんでて優秀ではないと、自分の

more

転職で求人に応募した時の面接で訊かれる内容

転職で求人に応募するなら、人事選考を受ける必要があります。
応募先の企業の人事担当者による面接を受けて、採用不採用の結果が通知される訳です。
ところで転職の面接では、必ず人事担当者から質問を投げかけられます。
面接での質問の内容はある程度決まっていて、その1つは退職理由です。
そもそも転職活動する際には、以前の会社を退職しているケースもあります。
人事担当者としては、その退職の理由を質問してくるケースが多いです。
「なぜ退職しましたか」と質問される訳ですから、面接を受ける前に答えを準備しておくに越した事はありません。
事前に準備をしておくと、スムーズに答えられるからです。
なお、転職で退職理由を伝える時には、1つポイントがあります。
あまり暗い印象にならないよう、十分注意を要します。
そもそも応募先の企業担当者としても、明るい人物であるかどうかを確認している事も多いです。
一緒に長く働く事になる訳ですから、明るい人物の方が採用されやすいです。
ですから相手に暗い印象が伝わってしまいますと、内定率が下がってしまう可能性があります。
明るくまとめるよう心がけると良いでしょう。
また転職でのよくある質問の1つに、求人を見た時の理由があります。
そもそも求人を見て会社に応募する以上は、必ず何らかの理由がある筈です。
その時の理由は、転職での面接で質問されるケースが多々あります。
つまり面接では、求人を見た時の志望動機を質問される訳です。
その質問をする意図も色々ありますが、求人への応募者の熱意を確認しているケースが多いです。
ですから求人応募の志望動機を訊かれた時には、人事担当者には熱意をアピールしてみると良いでしょう。
基本的に、転職での面接では熱意や明るさなどが重視されるケースが多いです。
元気の良さをアピールすれば、採用される確率も高くなる傾向はあります。
ちなみに転職での面接では、たいてい面接官から名前を呼ばれます。
その時も大きな声で返事するよう心がけると、内定率も高くなりやすいです。

Page Top